みんなのヨーグルトアカデミー

ヨーグルト好きによる、ヨーグルト好きのための、日本一ヨーグルトに詳しいWEBメディア!ヨーグルト好きによる、ヨーグルト好きのための、
日本一ヨーグルトに詳しいWEBメディア!

2週間でマイナス3kg!台湾の人気スイーツ「台湾豆花」のヨーグルトアレンジで簡単ダイエット

家で食べる 2024.02.09

2週間でマイナス3kg!台湾の人気スイーツ「台湾豆花」のヨーグルトアレンジで簡単ダイエット

ダイエット、それはいつまでたっても終わらない闘いですよね!
何をしたらいいのか手探り状態の人も多いのではないでしょうか?かく言う私もいろいろ試してみるものの、なかなか自分の目標体重にはいかない1人であります。

そんな中、台湾に住んでいた時のことを思い出しました。台湾には夜市があります。夜市には揚げものや、油っこい料理が多く、夜遅くまで食事を楽しむ習慣も。なのに台湾女子ときたら細くて身長が高くて、スタイルが良いイメージがあります。

なんで!?
もう人種の違いなのか!?

そこで思い返してみると、一つの共通点が見つかりました。
彼女たちはデザートにケーキやチョコレートよりも、台湾独自のスイーツを食べてることが多かったのです。

特に人気だったのが、豆花(トウファ)というスイーツ。
豆花はあまり日本人になじみがありませんが、台湾では伝統的なスイーツとして広く知られており、落花生、白玉団子、タピオカ、マンゴーなどのフルーツをトッピングし、甘いシロップをかけて食べます。
また、夏は氷を入れたり、冬は温めて食べたりと、1年を通してずっと食べれるスイーツなんです!

豆花は大豆が元ということもありヘルシー! これ、痩せられるのでは!?
さらにもっと効率よくカロリーオフして、健康的に痩せるために台湾では中々使えないヨーグルトを日本だったら使えるではないか!!

台湾は物価が安いと思う日本人も多いと思いますが、今は日本とほぼ変わらないです。
特に台北は、家が億単位だったりと、物価は日本よりかなり高いといえます。

家以外で日本より確実に高いものというと、そう、乳製品です。牛乳、ヨーグルトなどは日本の2倍はします。

でも今私は日本にいる!これはヨーグルトを使うしかない!!日本最高!
というわけで豆花ヨーグルトをつくってみました!

計量もいらない!ただ混ぜるだけの簡単ヘルシースイーツづくり

ずぼら女子なので細かいことをするのは嫌い。一瞬で終わる物しか作りたくない!
そんな私と同じタイプの方、朗報です。3ステップで作り終わります。

買ってきた材料はこちら。

無調製豆乳(94円)、ヨーグルト(豆乳で作ったヨーグルト(118円)、生クリームヨーグルト(128円))クックゼラチン(178円)※価格は2024年1月現在。
無調製豆乳(94円)、ヨーグルト(豆乳で作ったヨーグルト(118円)、生クリームヨーグルト(128円))クックゼラチン(178円)※価格は2024年1月現在。
チャービル(100円)も飾り付け用に一応買ってみました。
チャービル(100円)も飾り付け用に一応買ってみました。

作り方は混ぜるだけ! 器にヨーグルト100g、豆乳100ml、ゼラチン5g、これらを合わせるだけで終わりです。

しかもヨーグルトは1個100g、ゼラチンは小分け袋1包5g、豆乳は1パック200mlなので半分入れるだけ。わざわざ計量する必要もない、簡単作業です。

ヨーグルトは味付きヨーグルトです。
プレーンヨーグルトを買って、砂糖の代わりにラカントという甘味料を入れ、さらにカロリーをオフすることもできるみたいですが、手順が多くなり、また味付けの調整も面倒なので、味付きヨーグルトにしてみました。

血圧や、腸活、記憶などヨーグルトの種類も様々なので用途に合わせて買うのも良さそう!
血圧や、腸活、記憶などヨーグルトの種類も様々なので用途に合わせて買うのも良さそう!

ヨーグルト:豆乳=1:1。計量不要の豆花ヨーグルトレシピ(2つ分)

ゼラチン1袋分に少量の水を加えてふやかしておきます(5分くらい)。

まずはゼラチンをふやかします。

ヨーグルトをそれぞれ器に入れます。

ヨーグルトと同量の豆乳を加え、混ぜ合わせます。

ヨーグルトと同量の豆乳を加え、混ぜ合わせます。

最後にふやかしたゼラチンを投入して混ぜ混ぜ。

最後にふやかしたゼラチンを投入して混ぜ混ぜ。

最後にふやかしたゼラチンを投入して混ぜ混ぜ。

あとは冷蔵庫で冷やすだけ。

あとは冷蔵庫で冷やすだけ。

どうなることやらー。
数10分置くと・・・

縦にしても流れないほどに!成功か!?

縦にしても流れないほどに!成功か!?
しかしまだ味はわかりません。いざ実食。

食事は普段どおりでも、2週間でマイナス3kg!これまで食べてたスイーツの量が減る現象も。

固まり方はいい感じ。

固まり方はいい感じ。
本場の方がゆるいかも。そしてもっと薄い味。

しかしながらこの豆乳の濃厚な感じが私は好き!
豆乳で作ったヨーグルトの方も、生クリームヨーグルトの方も、どちらもやさしい甘さなのに、満足感大!

がんばって盛り付けもしてみました。

がんばって盛り付けもしてみました。

さて、このスイーツをいつも食べているようなお菓子と置き換えたところ、体重はこのようになりました。

さて、このスイーツをいつも食べているようなお菓子と置き換えたところ、体重はこのようになりました。

あっぱれ!豆花ヨーグルト!

ちなみに食事は普段どおり。おやつにチョコレートなどをほんの少しにして、この豆花で代用しただけです。

しばらく続けると豆花ヨーグルトの薄い甘味に舌が慣れてきて、チョコレートの味が濃すぎてたくさん食べられなくなる現象が!

新しいヨーグルトスイーツ、試す価値ありです!

※ヨーグルトと豆乳は冷蔵庫から出してすぐ使わず、常温にしばらくおいたものを使っています。冷たすぎるとゼラチンが溶けず、固まらなくなるのでご注意ください。

記事を書いた人

Abby
Abby

台湾香港をメインにアジア圏を転々とするアラサー。ヨーグルトは幼稚園から毎日食べています。

Instagram
@abbyjapan4