みんなのヨーグルトアカデミー

ヨーグルト好きによる、ヨーグルト好きのための、日本一ヨーグルトに詳しいWEBメディア!ヨーグルト好きによる、ヨーグルト好きのための、
日本一ヨーグルトに詳しいWEBメディア!

【2023年12月】押さえておきたい発酵×発酵の組み合わせ!味噌とヨーグルトの可能性をバシバシ感じます!

ヨーグルトラボ 2023.12.04

【2023年12月】押さえておきたい発酵×発酵の組み合わせ!味噌とヨーグルトの可能性をバシバシ感じます!

いよいよ冬本番!
ヨーグルトのレシピも、これまで多かったヨーグルトの「あっさり爽やか!」な部分を活かしたものが減り、「うまみ、まろやかさ」な部分を活かしたものが増えてきました。
特に目につくのは「味噌×ヨーグルト」の組み合わせ。

以前、漬物(キムチ)とヨーグルトのソースが「非常においしい!」と感じる機会があり、発酵×発酵のおいしさに目覚めたばかりなので、同じ発酵×発酵の「味噌×ヨーグルト」が目につきやすいのかもしれませんが。。。

ということで、ヨーグルトの可能性が見えるみんなのヨーグルトアカデミー編集部が最近気になった、バズレシピをご紹介いたします。

こんな感じでX(旧Twitter)で最新情報などを流しております。

フォロー大歓迎!ヨーグルトアカデミー公式X

ヨーグルトアカデミー公式Xヨーグルトアカデミー公式Xはこちら

ダブルの発酵食品が味わいを深める「サワラのヨーグルト味噌漬け」

(バズった時期:X(Twitter)で11月27日頃)

dancyu(@dancyu_mag)さんの投稿。

料理雑誌で断トツの知名度を誇るdancyuさんにヨーグルトを使ったレシピが登場。

そうなんですよ。発酵×発酵は相性が良く、ここでの「味噌×ヨーグルト」もベストな組み合わせなんです。

ヨーグルトが味噌のとんがった部分を優しくカバーし、まろやかでおいしくなります。
この技、サワラ以外にも使えますよ。

レシピ提供は料理研究家の大庭英子さんです。

ヨーグルトと味噌を使った「ブロッコリーの簡単漬物レシピ」

(バズった時期:Instagramで11月21日頃)

有限会社安井ファーム(@yasuifarm)さんのレシピ。

サワラのヨーグルト味噌漬けに引き続き、漬物のレシピ。

ヨーグルトと味噌を1:1で混ぜたものにブロッコリーの茎を1日漬けると美味しくなる!とのことで、簡単だけれどもこれはおいしそう。

まろやかさと後を引くうま味はヨーグルトのなせるわざ。
今回紹介されているのはブロッコリーですが、色々と応用がききそうです。

ヨーグルトと味噌のあわせわざは、多く見かけます。

「カスピ海ヨーグルト」を使用して作る、爽やかな味わいの「ヨーグルトポムポム」

(バズった時期:Instagramで11月21日頃)

ぼく・イラストレシピ(@boku_5656)さんのレシピ。

寒くなるに従い、スイーツ系も「あっさり、さっぱり」から焼き菓子系が多くなってきました。こちら、ポムポムとはリンゴのことだそうです。

ホットケーキミックスにヨーグルトを入れて、リンゴを並べたフライパンに流し入れてじっくり焼くだけの簡単レシピ。そして、簡単だけどおいしそう。

ヨーグルトを100g入れることでチーズケーキのような風味になるのだとか。こういうの考えられる人、本当にすごい。

夏はダイエット健康文脈が多かったレシピも、秋から冬に入り、料理素材としてのヨーグルトが活きるレシピが増えてきました。

個人的にヨーグルトの魅力の一つが、調味料や料理素材としての素晴らしさだと思っているので、この時期のレシピ見るのが楽しくてしょうがないです。

みなさんも、是非ヨーグルトの食材としての真の実力を感じて下さい!

以上、編集部より最近気になったバズレシピでした!

記事を書いた人

みんなのヨーグルトアカデミー編集部
みんなのヨーグルトアカデミー編集部

私たちは「ヨーグルトを通して世界を見る」をテーマに、食べる人、つくる人、料理に使う人、研究者する人など、ありとあらゆるヨーグルト関係者に取材を敢行し、さまざまな角度からヨーグルトの面白さを発信。

普段何気なくヨーグルトを食べている人のヨーグルト愛をくすぐり、もっと楽しく、おいしくヨーグルトに関わってもらいたいと考えています。